人材マネジメントのための
教育・研修サポートサイト

お問合せ プライバシーポリシー サイトマップ
   

外部研修コースの効果的活用(参考)
  • 社内での研修は、やはり自社独自の研修コースの策定がベストですが、投資コストを考えた場合、外部研修機関の定型コース(グロービス・マネジメント・スクールやインサイト ラーニング社などの年間スケジュールが決まっている公開コース)をアレンジして活用されることをおすすめします。
  • 活用パターンとしては、研修目的に合わせて、コミュニケーシ ョン・スキルなどは「選択方式」(個人または事業部の選択の意思に任せる)、意識改革のプログラムについては「選抜方式」(モティベーションをかけた指名制)をとられるケースが多い様です。
  • 長期的・計画的なトータル・サポート・プログラムとして段階的にステップを踏まえることも必要となります。

 

1. HRMにおける社員育成方針、あるべき姿の明確化
 → 教育体系の確立


2. 貴社の教育体系に合わせた公開セミナー活用パターンの編成


3. 公開コースのプログラム(複数にわたる)から貴社のニーズにマッチする研修コースの選択


4. それらのプログラムをベースに、貴社ニーズに対応させてカスタマイズ
 →企業内研修


5. 講師派遣要請を前提に、自社独自の研修コースの追加編成


6. 個人別研修歴管理 
 →全社員を対象とした計画的教育の実施